mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
13日の金曜日
こんな13日の金曜日なら毎週でもいいね^^
お仕事帰りに。







0
    かろうじて勝ち越し


     5月も、今日で終わり。

    5月の31日間のなかで、お酒飲まない日が14日!
    私にしては危機的状況の1カ月だったのですが、
    かろうじて飲んだ日が勝ち越しました。
    横浜ベイスターズも今月は勝ち越し(意味不明)。

    体調も、ここのところずっと、今ひとつなので
    今日は、家に1日ひきこもっていようと思っていたのですが

    そういえば先週、お誘いいただいたものの、
    私がまったく声が出なくなってたため、
    お断りしてたお友達がいたんだっけ、と思い出し、
    暗くなってから、ビール飲みにお出かけ。

    この1週間、身体の節々が、どんよりと痛かったのが
    彼女との1時間ちょいのおしゃべりで、うそのように解消。

    ゴスペル一緒に歌っているお友達とか、
    一緒にお仕事させていただいている方とか、
    長いおつきあいのお友達が増えるにつけ、
    それはとても、心強く嬉しい反面、
    大好きなそんな友達の、
    辛いことを共有する場面も増えていくのだなぁと
    あらためて思い知らされた今月でした。

    ひょっとしたら、
    お友達、とか、シェア、とか
    私なんかが、安易に言ってはいけないのかもしれない。

    どんなに好きなお友達でも、
    その人の悲しみや辛さをそっくり替わってあげることは
    ぜったい、できなくて。

    その事実の辛さを受け止めることも込みで
    その友達が大事だなぁ、ということの気持ちの表しかたとか、
    今までの私は、考えてたつもりで、
    実はちゃんと考えてたことがなかったのかもしれません。

    どちらかといえば、感受性も鈍く、表現は苦手で。
    ちゃんと伝えれてない自覚はある。
    分かるひとだけわかってほしい、的な甘えも
    私には、ある。

    そのくせ、
    誰かのために自分が出来ることはなんだろう、と
    試行錯誤したあげく、
    なんか、分不相応なことをやってしまったりしてね。

    でも、その無謀な挑戦を、
    応援してくれたり支えてくれるのも、
    身近なお友達。という…。

    これを読んでくださってる方に伝えたいのが、

    楽しいことも、つらいこともセットで、
    みんなと一緒の日々を過ごせることが、
    私にとっては幸せで、
    いつもありがとう、と思っているということです。

    今月も、いろいろいっぱい、ありがとうございました。

    あと半月もすれば、声も完璧に治る…はず。

    遊ぼうね、飲もうね^^

    あ、ちゃんと仕事もします^^;


    0
      帰ってきたテレビ
       

      今週から3年ぶりに、テレビが復活。

      3年前、地デジになって、
      テレビが、ウチから消えた。

      テレビ、もう観なくていいな、なんて思ってたんだけど、
      しばらくしてから、どうしても観たいものだけ…と
      パソコンにつないでワンセグを観られるものを購入。
      タイマー録画もできる、なかなか便利なものだったんだけど、
      古いノートパソコンの起動+そのソフト立ち上げで
      観たい番組が始まる30分前から準備しないと観れないという…

      ネットもラジオも好きだけど、
      手間をかけて作られてるテレビ番組の面白さとか、
      テレビに出てる面白い人の面白さは、別格だよね。

      声が出なくなって、ひと恋しさ度に拍車がかかったのか
      ネットで探してみると、安いのがあるもんですね。

      セッティングや受信も無事おわり、
      (安いものは、こういうのがシンプルでいいね)
      うれしくて、プロ野球ニュースの画面を撮影したり(←バカ)。

      帰宅して、ぱちんとテレビをつけて、
      人がいっぱいうつって、おしゃべりしてるこの感覚が
      久々、新鮮。

      人の姿と声が同時に出てる様子っていいなぁ(大丈夫か私)。
      音楽番組も観ちゃうもんね。

      でも朝のニュースのザッピングは1週間くらいで飽きちゃうかも。

      朝のニュースといえば、犬を2匹交替で連れて旅する企画が
      ほぼ前と同じように続いてることに、いちばん驚きました。



      0
        GWにピクニック


        GW中、ピクニックの予定が2つあったのよ。

        でも天気が、なぜか後半残念でした。

        1つめは、室内に変更(笑)。

        そして2つめ、この日も曇ってて寒かったんだけど
        海辺でシートを広げて、ピクニック決行!
        お外で食べるのって、なんか楽しいね。
        お友達がいろいろお皿とかコップとか
        盛ってきてくれて、お外で食べる気分が盛り上がる。

        そして、早々に引き上げ
        残りはお友達のお家で♪








        0
          フライヤー


          フライヤーを自分で作ることになったら
          家からジョギングがてら、
          ここへ来てみたらいいなぁと、
          前からぼんやり考えていた。

          お仕事ではないんだけど、
          その機会をいただいたので、行動開始。



          壁面一面、フライヤーだらけ。



          いちばん上の数センチの空間に入れる情報は
          大事だなぁ…なんて、気づいてみたり。

          まぁ、私のつくるものは、
          こんなたくさんあるところに入れることは
          ないんですけどね。ジャンルも違うし…

          絵ゴコロがない私、フライヤーが
          どうにも「掲示物」になってしまいそうで
          毎回こういう機会には、おっかなびっくりですが、
          がんばります。



          0
            読み返す
             

            クリスマス会にお呼ばれ。



            手作り餃子がお出迎え^^
            (レモン汁をかけるとサッパリいただける)

            飲むの夢中で写真撮るの忘れたけど、
            今年はじめて作ってみたという
            自家製ビール!もいただきました。
            雑味がまったくなくて、美味しかった!




            チョコフォンデュとかやっちゃう、もろ、女子会なのに
            BGMはハードロック系なのも、
            彼女と彼女のお友達らしい。

            普段はボーイッシュな彼女なんだけど、
            ひとり暮らし、すごく女の子らしく
            センスよく暮らしてる!

            よし、私ももっときれいな部屋で暮らそう、と
            帰宅後、本棚を片付け開始。

            だいぶ捨ててるんだけど、もっと捨てられるはず。
            あの本も、あの本も、もういいんじゃない?
            と、思いながら、本を取り出して読みはじめる。

            「…やっぱりこの本だけはとっとこう…」

            私が、部屋にあるお気に入りの数少ない本を読み返すのは
            いつもこのパターンの日だと、ここでやっと思い出すのでした。

            楽しい一日でした。



            0
              くりべんじ
              ちょうど1年前、昼間のゴスペルのイベントのあと、
              夜に、うちの近所で、一緒に歌っているメンバーさんの
              ライブがあるということで、
              その間、友達と地元をぶらぶらしたのでした。

              あの日も、けっこう暑かったんだよなぁ。
              いちばん案内したかったお店は既に大行列で、
              外でソフトクリームだけ食べたんだけど、
              すっごく美味しかったので、
              今度こそ店内!と、
              1年ごしのリベンジをすることになったのでした。

              こういう計画って、
              早く実行しないといけなかったね、と反省…
              2人で待ち合わせになってしまったよ。

              でも、やっぱり3人だったみたいで、
              「ふたりです」と告げたのに、
              その小さなお店のなかでは唯一の
              3人で座れる席に通されたのでした。



              栗本来の上品な甘さの限定栗あんみつ&アイスに、
              オリジナルの栗みつをプラスしたら
              美味しすぎて理性が吹っ飛びました(笑)

              今年の春、そのお友達といっしょに
              コンサートに行く約束をしていた日、
              彼女がその2日前から入院したというので、
              残念だけど彼女のぶんも観よう、と
              私はコンサートに行ったんだけど、

              帰り道、ふと目に留った居酒屋に
              なぜか、ひとりで入ってしまった。

              ほどよい人数のお客さんがいて、
              私も荷物をたくさん持ってたわけでもないのに、
              カウンターにしますかと
              訊かれることもなく、テーブル席に通され、
              1時間くらい飲んで帰った。

              ちょうどその日、
              彼女は、しんどかっただろうに、
              一緒にいてくれてたのかなと思うんだ。

              昨日は、思い出話も、それぞれの最近の話も、
              その次に行ったお店でのマニアックなお話も
              とても楽しかった♪



              手作りクッキーをいただきました。
              ハートのクッキーは名前入り♪
              ヨーダさん、1つ1つ顔が微妙に違います(^^)



              0
                東京が選ばれた日
                朝起きたら、
                7年後に五輪が開催される都市の住民になっていた。

                五輪なんて、という人は、2016年版の招致活動のときも
                周りにいて、でも私は、
                世界中の人が、東京に来てくれるなんて楽しそう!と
                単純に、無邪気に、大賛成だった。

                その後、震災が起きて、
                そのあと、原発が思っていたよりも深刻なことがわかり、
                五輪どころじゃないだろ日本、って、
                世界も、日本のこと、もうあきれてるだろうな、という気分に、
                正直、なってしまっていた。

                だから、決まって、ほんとに、びっくりだった。
                そして、ずっと前に思ってたよりも、じわっと、だったけど、
                やっぱり、うれしい!

                なんだかんだいっても、
                世界からの目でみれば、こんな安全できれいで
                豊かな都市は、そうそうない。

                今日の日を、ここで普通に迎えられた自分は、
                ほんとうに、恵まれてる、ということだ。

                ずっと東京に住みたかった。そして、今、住んでる。
                やりたかったことも、細々だけど、続けられてる。



                7年前には、なかった景色を見ている。

                当時も、楽しいことや楽しい人は
                いっぱい周りにいたけれど、
                そのあとの7年間、
                どれだけ多くの出会いと経験ができたことか。

                今年に入ってからだけでも、さよならが続いてる。
                地元に帰った先輩。地元に帰ることになった後輩。
                もっと遠くに行ってしまった友達。

                なつかしい、と思うことはある。
                7年前に戻って、もういちど会いたい人もいる。
                でも、7年前の自分に戻りたくはない。

                7年後も、そう思えてるといい。

                ここにいるからには、
                いろいろなことが良いほうへいくように、
                自分にできることを、がんばろうと思う。
                自分のことも、町のことも、
                自分の国のことも。

                なんて、ちょっと大げさにいろいろ思ってしまった1日でした。



                0
                  お引越し

                  福島へ、法要に行ってきました。
                  先月、突然のお別れをしたお友達のお引越し先は、
                  子供の頃住んでいた場所の近く、
                  広がる水田を見下ろすことができる高台です。





                  そのあと裏磐梯の五色沼に行きました。
                  水と新緑がきれいで、地球上のあらゆる「みどり色」を
                  いちどに見てきたかんじです。
                  磐梯山や猪苗代湖も見てきましたよー。

                  途中で震度4にも遭ったりして、
                  でも、1日じゅう最高に気持ちよい晴天で、
                  悲しかったけど、楽しかったです。

                  参列されたご親族方に、今年のコンサートのチラシと
                  去年のコンサートのDVDを配られてました。
                  会食のときに、コンサートのDVDを流されると
                  笑っていいのか泣いていいのか、よくわかりません。
                  みんなで一緒に撮ったいろいろな写真と
                  寄せ書きを集めたアルバムも、渡してきました。

                  そうだよね。お引越ししたと思ってればいいんだよね。

                  前から、川村結花さんの「お引越し」という曲がとても好きで、
                  いつも、ちょっと何かを振り返ってしまうようなときに
                  携帯プレイヤーになぜかいつも入ってるこの曲に
                  なぐさめられていたんだけど、

                  こういう意味だったのかな。

                  また、会いにいくね。



                  0
                    GWと自転車
                     

                    ゴールデンウィークいちばんの思い出は、
                    地元の本屋さんに毒蝮さんが来たことです。

                    うそ。

                    でも、来たのはホントです。

                    思わず観に行ってしまった(笑)



                    この人気ぶり。
                    オンエアに流れていない間もずっと、
                    観にきたお客さんとあの調子で
                    話していました。

                    ほかにも、楽しいことがいろいろあった。
                    遊びと仕事、ちょうど半分ずつくらいで、
                    充実してました。



                    このブログを始めた直後くらいに
                    お世話になった職場の皆さんと
                    久々の再会は、
                    地元に帰る先輩の送別会。

                    なんか大変なことがいっぱいあった
                    場所だったんだけど、
                    いつもみんなで一緒にいて、
                    よく遊んでよく笑った場所でもあった。

                    そんな場所の、いつも中心にいる先輩だったので
                    久々に集まった仲間も、
                    新しい若者たちもいっぱいで、
                    変わらずの人気者ぶり、
                    そして大将っぷり(褒め言葉です)がすごかった。
                    でもいよいよ、ほんとに、離れてしまうんだなぁ。

                    当時、その職場に自転車で通ってみたくなって、
                    自転車、持ってはいたんだけど、
                    ちょっとカッコいいのに乗りたくなって(^^)
                    新調してしまったのでした。

                    忙しくてどこにも遊びに行けない〜!
                    という日々。その次と、またその次の職場にも
                    よく、この自転車で通った。
                    たまの楽しみで、気分転換だった。

                    地元に人が増えすぎたのか、
                    体力が落ちたのか、そんなに忙しくなくなったのか。
                    最近はほとんど乗らなくなっていたので、

                    東京へ出て来たばかりだから、
                    いま、自転車がほしいんです、とふと言った、
                    今の職場の後輩の子に、貰ってもらうことにした。

                    今の職場は、当時の会社の近所。
                    偶然というか、大学もそのあたりだったので、
                    やっぱり、東京の中では、
                    いちばん、たくさんの仲間と過ごしているエリアのひとつ。
                    この春いなくなってしまった大切な友人も、そのひとり。

                    思い出のいっぱい詰まった街に、
                    久しぶりに自転車で行った。
                    ひと漕ぎごとに、あの時期が、
                    自分から、遠くなっていくような気がした。

                    これから、新しい相棒に
                    いっぱい漕いでもらえたらいいな。

                    自転車、ちょっとぼろくてごめん。




                    0