mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
FOR REAL ーベイスターズ、クライマックスへの真実。ー

 

 

 

ベイスターズの2016年シーズンを追った

ドキュメンタリー映画

「FOR REAL」

本日、BlurayとDVDが発売に

なったのですが

 

その前の2週間、神奈川の映画館で

限定上映というのがあり、

何とか観にいくことができました。

 

週末でもなく

終映は終電ギリギリという

レイトショーだったのですが

40人くらいは来てたかなー。

 

中畑さんの2015年のラスト

あの場内1周シーンから始まり、

ラミちゃん監督の就任、

そして最後はCSのファイナルまで。

 

いろんな名シーンがあったけど

“映画”としてあえて紹介するなら

これは、筒香選手の成長の物語ですね。

 

ラテン音楽をガンガンかけながら

誰よりも大声で挨拶し

ロッカールームへ入ってくるつっつ。

 

ほんの2年前くらいの、

はにかんで「僕はいいです…」と

みんなの後ろへ回ってしまうような

つっつはもうどこにもいなかった。

 

「ほんとは静かに野球したいですよ」と

あえて元気なキャプテンを“演じて”いる

つっつのコメントが興味深かったです。

 

そしてつっつだけじゃなく

いろんな選手が言ってたのが

「言葉って大切です」ということ。

 

ベイスターズの主力選手の

ヒーローインタビューといえば

あのたどたどしさが微笑ましかったけど

今期はつっつをはじめ、みんな

別人のように立派に話してたもんなー

(予期せぬ笑えるコメントはあったけど ^^)

 

自分や周りを鼓舞したり

ファンからかけられる言葉だったり

落ち込んでいる選手をなぐさめたり。

 

新人・今永投手の“語録”も強烈だったし

ラミちゃん監督のコメントも

1年間、いつも感心させられたものね。

 

スポーツはできるけど口べた…とか

そういうのはもう過去のものなのかも。

彼らの成長や躍進をみると

あらためて、

強いスポーツ選手は

自ら発する言葉でさえ

上手に扱うことができるんだなと。

私も頑張ろう…スポーツ選手じゃないけど…


あと、映画の後半は番長の引退と

CSでの梶谷選手の骨折と

その後の信じられない大活躍。

 

梶谷さんが指にテープ巻いてるシーンで

なぜか涙が出てきました。

 

ベイスターズファンになったのは

中畑さんがきっかけだったけど

ほんとうに素敵なチームになって

CSにも出られて、

こんな映画も作ってくれて。

 

ほんとに幸せを感じました!

 

ついに今年の冬は、

 

映画館で胴上げを観られるかな!?

いや、まずは球場で観たーい!

 


0
    コメント
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mirimiricutch.jugem.jp/trackback/793532