mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
だんだん

 
横浜DeNAベイスターズが
ついに、ついにCS進出を決めて、
その翌日に三浦投手が引退を発表して、

 

その2週間前後は個人的にも偶然、
うんと懐かしいお友達から
ちょっとごぶさたしていた方まで
再会が毎晩のように続き、

 

お祭りと卒業式がいっぺんに
来たような、2016年9月。

 

ご近所の商店街の、あるお店が
約12年にわたる営業を終了しました。

 

私は、お店開店よりも約2年先に
この街に住み始めたことになります。

 

「東京でひとり暮らしをしたい」
「商店街のある町に住みたい」

 

10代の頃から、
何となくずっと持っていた夢。

 

とにかく仕事の時間が不規則で…
という理由もありましたが
そんなドサクサにまぎれて、
実家が都内になったというのに
えいっ、と実行してしまった。

 

商店街の名前とはうらはらに、最初の頃は
夜は早々と静まりかえっていた。

私は暮らしを楽しむどころか
相変わらず、寝に帰るだけの日々。

 

そんな中、商店街の入り口に
ある日現れた小さな居酒屋さん。

 

お酒を飲めるお友達が
遊びに来たときに一度行ってみて、
メニューや雰囲気が好みで
とても過ごしやすいお店だったので、

何かにつけて選ぶようになった。

 

やがてお店の方が顔を覚えてくださり、
私にとっては人生初めての
「地元の行きつけのお店」に。

 

 

マスターと奥さまが映画が好きで
店内は、上映中の新作から
懐かしの名画シリーズまで
映画のチラシやグッズでいっぱい。

 

ひとり暮らしを始めて4年目の私は
いろいろな偶然から
映画の仕事に携わるようになっていた。

 

でも私は今まで映画を
そんなに多くは観ていなかったし
映画の仕事なんて、もちろん未経験。

 

マスターがいろいろな映画の感想を
いつも話してくださったので、
私もそれをきっかけに
いろいろな映画を観に行ってみた。

 

(私が携わった映画も、おふたりで
劇場で観てくださいました)

 

仕事で夜遅くなったときにいただく
奥さまの美味しいお料理と焼酎。
ほんとうに美味しかったです。

 

映画の仕事が無事に終わり、
これからは大事な人たちと
ゆっくり会う時間を優先して
穏やかに楽しんでいこうと決め、

 

でも、自分も環境も思っていたほど

穏やか…だけにはなれなくて
予想しなかった苦しい日々もあったけど、

 

誰かと一緒に、そして、ひとりで、
家や近所で過ごす時間は
ずいぶん積み重ねることができました。

 

最近この商店街は
毎週のように情報番組で紹介され、
お店もどんどん入れ替わって、
商店街というより、もう、観光地。

 

でも、そのお店は変わらずにあって
お店の横を通り過ぎるとき
店内の灯りが2Fの窓越しに見えると
すごくほっとして、
何だか、そこに実家があるような
安心感がありました。

 

 

ご案内をいただくまで
すっかりご無沙汰してしまっていて、
それなのに、覚えていてくださって、
懐かしい時間が過ごせました。


前に進んできたというよりも
実は似たようなところをぐるぐると
回っているだけなのかもしれない
これまでの自分ですが、

 

それでも、自分の生きて来た日々に
いくつかの名前をつけられるとしたら
商店街ひとり暮らし時代、というのを
なんとか送ることができて、

 

私がいちばんバタバタだったけど
たくさんの方々に助けていただきながら、
そして時にはひとりをかみしめながら
商店街を歩いた日々の目印のように、
お店の灯りが心にずっと残ると思います。

 

そう思える日々を過ごせたことに
そういう場所に出会えたことに
感謝しています。

 

 

マスターと奥さまは、
引っ越し先の街で、すでに
いろんな計画があるらしく
何だか、楽しそうです。


思い出も大事だけれど、
やっぱり、大事な人たちとは
次の場所で、再会したい。


同じところをぐるぐる…
かもしれないけれど、
街も周りも自分も、
どんどん変わっていくからね。

 

いろいろ、次へ、歩いていってみよう。

 

ありがとうございました。
いつまでも、お元気で。

 

 


0
    コメント
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mirimiricutch.jugem.jp/trackback/793530