mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
何を怖れる フェミニズムを生きた女たち
ウーマンリブ。
フェミニズム。

そういう言葉に、
時代錯誤というか、コワいというか、
そんなイメージを持っていました。

でも、
「あなたは○○だから△△であるべきだ」
「あの人は××だから●●に違いない」

性別、出身、年代、身体的なこと。
持って生まれた条件だけで
人格や能力を決めつける人や空気の存在は
決して、過去の話ではないと思います。



何を怖れる フェミニズムを生きた女たち』は
世間から与えられた常識や役割に
「私はそう思わない、それはおかしい」と
声をあげ、行動し、周りに呼びかけ、
少しずつ、今の社会へ続く道を
切り開いてくださった女性の先輩たちの
インタビューで綴るドキュメンタリー。

彼女たちの生きざまや言葉は、
勇ましい、とか、正しい、というより
ひとりひとり、とっても個性的。
そして、生命力の強さ、
生きることを肯定する力に
溢れています。

自分の気持ちに正直に生きるということは、
時には回り道をしたり、孤独に陥ったり、
ぶつからなくてもいい壁に
体当たりしてしまうこと。

でも、そうやって、怒ったり泣いたり、
傷ついたりしながら生きてきた人ほど、
ひとりひとり違う他人、
弱い立場にいる人たちも尊重しながら
やさしく、おおらかに生きていけるはず。

迷いながらも自分で考えること、
自分で選ぶことを放棄してしまうことこそ、
今を生きる私たちが何より
「怖れる」べきことなのではないか。

映画に登場する女性たちの言葉を聞いて、
そんなことを感じました。

過去3作、ご自分の中に湧きおこった
撮りたいテーマを貫くために、
1作に何年もかけ、資金集めから
プロデュース、監督までご自身で
作ってこられた松井久子監督

今回は、映画の中にも登場する
田中喜美子さんから
“私たちを記録してほしい”と依頼され、
市民サポーターの支援金によって
8カ月ほどで制作されました。

映像全体に流れる
“松井監督らしさ”は変わらず、
観終えた後はとても清々しく、
生きる勇気が湧いてきます。

映画の端々を彩る
アンサンブル・ノマド
音楽もすばらしいんです。
ラストで流れる「アヴェ・マリア」、
松井監督のこれまでの作品の
映画音楽の中で、
個人的には、No.1です!



0
    コメント
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mirimiricutch.jugem.jp/trackback/793493