mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ダグアウトの向こう
記憶に残っている、子どもの頃の晩ごはんは
冷やっこ、納豆、そしてナイター中継。

当時は、毎晩、試合終了まで放送してましたっけ。

なんで巨人戦だけを毎日やるんだろうね、
他の試合も、パリーグも、いろいろ放送したら
いろんな球団や選手のファンが増えて、面白くなるのに。

そう言っては、
巨人ファンの家族に嫌がられていたものでした(^^;)。

でも、ジャイアンツでひとりだけ、
はっきり、私この人のファン、と思ってた選手がいました。

中畑清さん。

4番打者だったんだよ。活躍してたんだよ。
チャンスに打ってくれたよ。
守備もかっこよかったんだー。

喜怒哀楽、とくに喜と楽を
オーバーアクションで表現するところが大好きでした。

引退する年に日本シリーズに出場して、
最後の試合でホームラン、感動したなぁ。

その後自分も大学生になり、
ナイター中継を観なくなっていったけど、
キヨシが出演する番組は、まめに見ていました。

NHKの「課外授業ようこそ先輩」に出られたときのこと。

キヨシの授業は、
学校の野球グラウンドの外野のいちばん奥に子供を立たせ、
ホームにいるキヨシとクラスメートに聞こえるように
自分の将来の夢を叫ばせる、というもの。

「お父さんやお母さん、友達に聞こえるように
大きな声でハッキリ言わないと、夢はかなわないぞー!」

なんかこれ、今もキャンプで
ベイスターズの新人選手にやらせてそう…(笑)

授業の最後、子供たちから「夢はなんですか」と
逆質問されたキヨシは、こう言ったのでした。

「いつか、どこの球団でもいいから、監督をやってみたい」

その日以来私は、キヨシがいつか監督になったら、
どの球団になっても、必ずファンクラブに入って
応援しに行こうと、心に決めたのでした。

巨人のコーチをしばらく務めていましたが、その後
アテネ五輪で監督代行をされたり、
巨人の助監督を断ったり、議員に立候補しちゃったりと、
ちょっと期待してはガッカリ、が時折くり返されて、

いよいよ野球をまったく観なくなってた頃、
ベイスターズの監督になるという話が、突然浮上。

最近は最下位が定位置で、監督は次々替わっていて、
シーズンオフごとに、球団存続があやぶまれてるらしい…

そんな球団の監督を引き受けるなんて…

さすがキヨシ、なんてカッコいい!

↑知らないってコワいですね^^;

でも個人的には、地方リーグの球団でも…と願っていたので、
セリーグの在京球団なんて夢のようでした。

さっそくファンクラブに入り、
携帯サイトで試合経過を追う。



たまにだけど、ハマスタにも行くようになった。

スタジアムの風にふかれながら飲むビール♪
シウマイ弁当も、みかん氷も美味しい♪

家族や友達とも行くけど、
ひとりふらっと外野席へ行くのも楽しい。

一緒に応援歌を歌って、分けてもらった風船をとばして、
点が入れば周りの誰かれかまわずハイタッチ。

球場の内外、そして回のチェンジごとに
たたみかけるように行われるファンサービスもすごい。
2012→2013年の観客動員増は12球団No.1だったそう。

今年になってからは、radikoもニコ生も駆使して
毎日のように試合をチェックするようになった。





そして、こんなビデオまで買ってしまった。

球団オフィシャルのドキュメンタリー。
ベンチ裏に、常に広報さんがカメラを持って入り、
それを1年まとめて映像化したもの。

監督と球団、選手と最初の顔合わせ、
キャンプ、開幕試合、ドラフト、
何気ない会話、喜怒哀楽の表情、ひとりごと、
いろいろなものがみえてくる。

たまたまこれはベイスターズの映像だけど、
12球団、いや、すべてのスポーツチームそれぞれに、
いろいろなドラマがあるんだろうな。

ひとつのチームの試合を、毎日追いかけていると、
自然に、ほかのチームの選手の情報や好不調もふくめて
長いシーズンを12球団で戦ってること自体が
面白いんだなぁと思えるようになった。

試合結果を紹介するニュースサイトのコメントは
フロント批判や、調子の悪い選手をバッサリ、的なのが多いけど
好きなチームの試合を観ながら書きこんでる人の
コメントとか意見は、そんなに「荒れない」よね。

負けている試合も観るから「ファン」なんだし…
(あまりにひどい負け方をしてる時は別だけど…)

ひとつのチーム、ひとつの試合、ひとつひとつの打席に、
興奮したり、心を動かされたり。

毎日の仕事帰りに、球場でも家でも楽しめる、
ワクワクドキドキの数時間。

と、この数年でオジサン化が加速してる私ですが、
最近ニュースで言われている
「プロ野球を応援する女子が増えている」って、
あながち大げさでもないんじゃないかと思うのです。
(私が「女子」かどうかはおいといて)

勝ったときは「ベンチにファンのおじさんが紛れこんでる」と
言われるくらい誰よりも大ハシャギ、
逆に、どんなにひどい負け方をしても、
マスコミのインタビューを決して断らないキヨシ。

監督になっても、変わらずカッコいいです^^

少しでも長く、キヨシ監督のベイスターズを応援していたいです。

ご参考:ほぼ日刊イトイ新聞のインタビュー記事

あ、普段は、中畑さんとか中畑監督って呼んでるけど
文にしたときわかりやすそうなので、
キヨシと書いてみました。

監督になってくれてありがとう、キヨシー!!(←呼んでるやん)
だからCSーーー!出よーーー!!!(絶叫)


0
    コメント
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mirimiricutch.jugem.jp/trackback/793456