mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
これをファンタジーと呼ぶのなら。 〜 『トンマッコルへようこそ』
“宣伝ポスターの、人の良さそうな笑顔たちに、騙されてはいけません。
のんきな夢物語かと思ったら、大感動作でした。”

『トンマッコルへようこそ』

最近、映画をひと足早く観た人が、
感想を直筆で書いたステッカーを貼ってある宣伝ポスターを、
よく見かけます。
この試写会でも、入場時に「コメントステッカー」が配られました。
結局、家に持って帰ってきてしまったのですが、
私は、↑そんなメッセージを書いてみたのでした。

10月28日よりロードショーの韓国映画
『トンマッコルへようこそ』の試写会に、行ってきました。


0
    ブログを書いている人に、新製品や新しいリリースものの情報など、
    何かとタイムリーな「お題」を提供してくれる、
    『ブログルポ』というサイトがあります。
    その「ブログルポ」さんが、今回、私を試写会に招待して下さったのでした。
    (なーんて、応募したんですけどね)

    朝鮮戦争の時代。悲惨な戦いの日々を送る、
    連合軍、韓国軍、人民(朝鮮)軍3組のある兵士たち、合わせて6人が、
    それぞれ偶然が重なり、“トンマッコル”に迷いこみます。
    鉢合わせになり、睨み合う彼らをよそに、
    トンマッコルの住民たちは、いつも通りの日常生活を繰り広げています。
    彼らは、戦争も兵器も知らないから、
    銃をつきつけられても、「手を上げろ!」と言われても、全くマイペース。
    住民との様々な触れあいの中で、
    いつしか、6人の兵士も、憎み合うことを忘れ、
    平和と人生を愛する心を、取り戻していきます。
    ところが、戦争という現実は、トンマッコルにも確実にしのび寄り・・・・。

    パク・クァンヒョン監督(これが初の長編作品!)と共に、
    この映画の脚本を担当したチャン・ジン氏は、
    「韓国の三谷幸喜」と呼ばれる演劇畑出身の人で、
    この物語も、最初は舞台で上演されたのだそう。
    なるほど、村人と、迷い込んだ兵士とのやり取りなんかは、
    ベタな展開とはいえ、大笑いさせてくれます。

    韓国内でもヒット連発の韓国映画、
    唯一これまで受け入れられなかったのが、「ファンタジー映画」だったそう。
    ところが『トンマッコル〜』は、
    2005年韓国国内で興行収入No.1、人気投票No.1を獲得、各賞総なめ。
    ということで、大変話題になっているようですが・・・。

    だって、これ、ファンタジー映画じゃないでしょう・・・。

    戦争と死の恐怖、兵士それぞれの心の傷の描写とか。
    それがトンマッコルで癒されていく過程とか。
    そして、最後の、2人の兵士のあの笑顔とか。

    ラスト、会場のあちこちから、すすり泣き・・・。
    私はといえば、気持ちが昂りすぎたのか、涙も出なかった。
    なんか鳥肌立っちゃって、劇場出てからも止まらなかったです。

    のんきな夢物語に見せかけておいて、とんでもなく感動作。
    そして、これを“ファンタジー”と呼ぶ、
    韓国の方々の歴史や心を思うと、本当に、切ない。

    最後、ひとつだけ難をつけるとしたら、
    今回はブログを書くことが約束で観たため、
    予習のつもりで公式サイトを観てから行ったら、
    知識入れすぎ、になっちゃったかも。
    公式サイト、充実しすぎ。出来が良すぎるんですよ。
    もうちょっと、頭をからっぽにして観たかったかな。
    今、サイト見たら、またちょっと思い出して鳥肌・・・。
    これから映画観る人は、サイトの取り扱いにご注意を(笑)。

    『トンマッコルへようこそ』 公式サイト

    あちこちで既に言われているようですが、
    音楽が久石譲さん、ということもあり、
    ジブリ作品(特に初期の)が好きな方には、おすすめです。

    ファンタジーだとか、韓流だとかにとらわれず、
    「映画好き」な人には、幅広く、観てほしい映画だなぁと思いました!

    コメント
    from: みりみり   2006/09/12 12:18 AM
    Mr.Gさん、コメント&TBありがとうございます。
    そうそう、骨太!
    意外と、この映画、そうなんですよね。
    私はカン・ヘジョンちゃんのことを書けなかったのですが、たしかに、とっても魅力的でした。
    だからこそ、最後のあのシーンはせつなかった。。。
    ライブのお知らせもぜひ教えて下さいね!
    from: Mr.G   2006/09/10 9:51 PM
    コメント&TBありがとうございました。
    私の感想に共感いただけたようで、ウレシク思います。骨太な映画で楽しめた作品でしたね。
    またお寄りください。
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mirimiricutch.jugem.jp/trackback/444450
    カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁
    サーカスな日々 | 2007/03/10 4:00 PM
    1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。
    共通テーマ | 2006/12/06 12:24 PM
    「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。
    ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/06 8:52 PM
    トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高がフラ
    猫姫じゃ | 2006/11/01 2:41 AM
    笑顔が一番つよいのです。入村する◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士。しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。彼らは村人を真ん中に挟んでにらみ合いを始める。そんな
    カフェ☆小悪魔 | 2006/10/18 7:26 AM
    26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つにな
    ペパーミントの魔術師 | 2006/09/27 4:17 PM
    2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ 」の試写。 幸せな映画を観た。 宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。 この映画の音楽を『ものの
    やまたくの音吐朗々Diary | 2006/09/11 7:36 AM
    映画 「トンマッコルへようこそ」 を観ました。 ユートピアを思わせる山の村、トンマッコルにて偶然居合わせた 敵対する3組の兵士たちの物語。 この設定は今年初めの 「ククーシュカ ラップランドの妖精 」という 作品に似ています。こちらは一組の兵
    ようこそMr.G | 2006/09/10 9:23 PM