mirimiricutch.com

ミリミリカッチドットコム
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ほんとうの正義。〜やなせたかし 『アンパンマンの遺書』
自分の職場には、毎朝、朝礼があり、
しかも、順番でスピーチをさせられています。。。

人前でまともな話をするのは、大の苦手。
(というより、話すこと自体がかなり不得手・・・)
憂鬱っちゃー憂鬱、なんですが、
人の話を聞くのは楽しみだし、
それに、こういう機会がないと、
苦手な人には、生きててそうそう、
スピーチの機会なんて廻ってこないわけで。

他人に数分も時間を割かせて、
朝っぱらから自分の話を聞いてもらうわけだから、
少なくとも、イライラさせたりはしたくないので、
自分の番が廻ってくるときには、
朝ひとりで鏡の前でぶつぶつ練習したりして(バカ)。

今回のテーマは「尊敬する人」。
家族や身近な人含め、ほんっとにたくさんいるんですが、
この人の話をしてみました。

やなせたかしさん。 
『アンパンマン』の作者です。

『アンパンマンの遺書』 やなせ たかし


0
    この人は、今ではどの書店でも当たり前にたくさん置かれている、
    『大人向けの絵本』のジャンルを、初めて確立した人なのでは、と
    勝手に断定してしまいます。
    というより、自分では大人向けに描いていたり、
    子供向けにしてみよう、と描いてみても、
    大人にも子供にも、同じメッセージが真っ直ぐ伝わってしまう人。

    初めて、アンパンマンを描いたのは50代になってからで、
    これも、始めは大人向けに描いていたそうです。
    顔が欠けた状態で飛んでいるアンパンマンを見て、
    当時の編集者から「こんな不気味なものはウケない」と
    言われたそうで。
    (確かに、当時のアンパンマンは、不気味でした・・・五本指だし)

    でも、やなせさんには、こう思って描いていたそうです。
    初版のアンパンマンの本のあと書き。

    「ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものじゃないし、
    そして、そのために必ず自分も深く傷つくものです」

    また、サンリオで、『詩とメルヘン』という
    公募のイラストと詩を紹介する雑誌を、
    25年以上も自ら編集長となって作っていた。
    ここから育ったイラストレーターや絵本作家に、
    葉祥明黒井健東君平おおた慶文 などがいます。
    そうやって、才能を見出し、育ててきた、ということも、
    尊敬する理由の1つ。

    というわけで、ぜんぜんこんなきっちり話せませんでしたが
    (文字にしても、ちゃんと伝わってると思えませんが)
    なんとか話し終わりました。ふう。

    どうも、尊敬する人、とか、好きな言葉、というのは、
    自分がいちばんそこに辿りつけてない部分を持ってるからこそ
    好き、だったり尊敬、だったりするわけで、
    人に話すのは、恥ずかしいを通り越して、むしろ気まずいんですけどね。
    でも、こうやって、テーマを与えてくれるのは
    自分の考えていることを発見できる、いい機会だなと思います。

    やなせたかしさんの著書『アンパンマンの遺書』。
    アンパンマンのテーマである、
    愛と勇気と正義とは、まるでかけ離れた、飄々とした口調で、
    軍隊時代の弱虫ぶりだとか、どうやって奥さんを口説いたかとか、
    ポップでやんちゃなオジサマぶりを発揮しています。
    手塚治虫をはじめ、交流のあった漫画家たちの
    エピソードもたくさん出てきて、軽く楽しく読める自叙伝です。

    本のラストは、ちょっと衝撃的。
    だって、ほんとに“遺書”なんです。
    生きているうちに、見せられるなんて。
    でも、その内容、日本中の人が、納得、だと思います。


    コメント
    from: みりみり   2007/04/02 11:24 PM
    >ぴくるすさん

    お返事とっても遅くなってごめんなさい。
    あの本は、もう結構レアものになって
    しまったんですかねー。なかなか面白いですよね。
    先週の金曜日久しぶりにアニメのアンパンマンを
    見て、異常にレギュラーメンバーが増えてて
    びっくりしました(笑)
    めいけんチーズに彼女がいたとは(笑)
    from: ぴくるす   2007/03/23 12:14 PM
     はじめまして。
    中数年ぶりに、この本を読みました。
    でやっぱり、アンパンマンと、この作者のやなせさん、好き☆って思いました。
    と言うわけで、トラックバックさせていただきます。
    from: みりみり   2006/05/07 11:39 PM
    DAIS@OFFICERさん、はじめまして!
    コメントありがとうございます。
    アンパンマンお好きなんですか?(^^)
    それにしても、自分の顔をちぎってあげるのって
    アンパンマンだけなんですよねー(笑)
    しょくぱんまんは、自分でパン作って配ってるから
    顔をちぎることはないし、どんぶりトリオたちも
    中身はあげるけど、顔は容器だから不気味にはならないし・・・うーん、マニアックな話になってきた(笑)BLOGも拝見させていただきました。また遊びにいきますね。
    from: DAIS@OFFICER   2006/04/30 8:26 PM
    はじめまして!m(__)m

    まついんさんのブログから、流れてまいりました。
    「アンパンマン」ネタだったもので、ついついコメントを(-`ω´-;Aフキフキ

    始めて見たときは、衝撃的でした・・・アンパンマン

    お腹が空いて泣いている子供に、自分の顔をはずして食べさせるシーン・・・Σ(・Д・ノ)ノ  ひぃ!

    今思うと、自己犠牲のカガミなのかなと(>▽<;;
    子供たちはどう受け止めているんでしょうねぇ・・・
    気になるところです(-`ω´-;Aフキフキ

    また、遊びに来ますね!  では ヾヾ( ^_^ 
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mirimiricutch.jugem.jp/trackback/348121
    Ireadthisbookabouttenyearsago.IwasinterestedinAmpan-manthen,andIcametolovehimmore. 10年くらい前にこの本を読みました。私はアンパンマンに興味がありましたが、さらにアンパンマンが好きになりました。 これは、1995年に、アンパンマンの作者やなせたかしさんが
    ぴくるすの枕草子 | 2007/03/23 12:12 PM